【秋山】リサイクルごみの袋問題│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【秋山】リサイクルごみの袋問題

【秋山】リサイクルごみの袋問題

4連休いかがお過ごしですか?

PM室・秋山です。


通常、火曜水曜を定休日とさせていただいております弊社ですが、

来週は火曜祝日・水曜平日は通常営業します!

(※代わりに24日木曜お休みをいただきます。)

ぜひぜひお近くのモデルハウスにお立ち寄りいただければと思います。



さてさて、今回は最近思いついたライフハックです。

ここ数年ささやかに悩んでいたことがあります。

それは、

ペットボトル等リサイクルごみの袋をどうするか問題。


仙台市ではペットボトルや空き缶などのリサイクルは 指定の日に出される黄色いかごの中に捨てます。

このときに、袋に入れず本体のみを捨てるのですが、 このリサイクルごみをどのようにするかが問題でした。

①最初は普通に要らないレジ袋→完全に水切りした状態ではないので濡れてしまい、1~2回で捨てたくなる。

②つぎに100円で買ったビニール製のバッグ→汚れていく(洗えばいいっちゃいいのですが)

③ビニールを取り付けられるゴミ用のバッグを購入→いっぱいいれすぎて取っ手を片手で持てない(笑)


かごに入れて持っていく方もいらっしゃったりしますが、 ちゃんと水切りまでできる自信もなく…

しかも今やレジ袋は有料…

さあ、どうしたものかと悩んでいたときにひらめいたのがこちら。


「燃やせるごみ袋に入れる」

というもの。


リサイクルごみを黄色いかごに入れた後は、次の普通のごみ袋として活用。

そして新たにリサイクルごみ用のゴミ袋は新しい「燃やせるごみ袋」を使うというものです。

もちろん、普通のゴミ袋なので取っ手もついていますし、余裕でいっぱい入ります!!

これを思いついてからストレスが少し減りました☆彡


少数化とは思いますが、お悩みの方!ぜひお試しください~!


お問い合わせ
TOPへ戻る