【8月企画】言葉で出身がわかる!?とっておきの方言│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
HOME >スタッフブログ >あいホーム本店・門馬ブログ『モンマルトルの丘』 >【8月企画】言葉で出身がわかる!?とっておきの方言

【8月企画】言葉で出身がわかる!?とっておきの方言

【8月企画】言葉で出身がわかる!?とっておきの方言

毎日刺すような日差しですね。
モンマもとうとうアームカバーを導入してしまいました。
それというのも、既に腕時計の焼け跡がついてしまったからです。

しかし、私などはこんな軽い日焼けでなんやかやと言っていますが、
工務部の人たちに会うたび、
現場の職人さんに会うたびに、何も言えなくなります。
そんななか一つの手を抜くこともなく現場はいつも綺麗。
あいホームの営業で良かった、と思いますね。


さて。
「とっておきの方言」という今月の企画ですが、難しい。
私は宮城の県南出身です。
いわゆるずーずー弁ってやつで、「~だべ、んだ、~だごだ」みたいな感じです。
実家に帰るたびにその瞬間なまります。

まず、一人称「私」が「おれ」になります。
田舎じゃ女も男も一人称「おれ」です。

変わった?方言で言うと…
・「おしょすい」 …恥ずかしい
・「こわい」   …疲れた
・「ばっつ」   …末っ子
・「しゃでこ」  …息子
・「なじょすて」 …どうやって
ぐらいでしょうか。

…そんなものですね~、なまりの話って……。
広がりがなくてすいません。
難しいテーマでした…。
お問い合わせ
TOPへ戻る