【野呂】アマビエ│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【野呂】アマビエ

【野呂】アマビエ


こんにちは!本店 野呂です(^_^)/

すっかり春だと思いきや、昨日東京では雪が降ったそうですね。

しかしその一方で桜が咲いたとか。なんだかよく分からない季節です…



さて、先日ネットで『アマビエ』の文字を見かけました。

みなさまご存じでしょうか、アマビエ。今大流行(?)中だそうです。




b15f5d94ea5736558283f40c18e2e273

※著作権の関係上いらすとやさんverでお届けしております

アマビエとは、江戸時代末期…現在の熊本県に出現したと言われる妖怪です。


『ある夜に町の役人が海へ赴いたところ、このアマビエが現れていた。その姿は人魚に似ているが、口はくちばし状で、首から下は鱗に覆われ、三本足であった。役人に対して自らを「海中に住むアマビエである」と名乗り、「この先6年間は豊作が続くが、もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。この話は当時の瓦版で人々に伝わり、アマビエの姿も瓦版に描かれて人々に伝えられた。』 Wikipediaより


簡単に言うと『病気が流行ったらアマビエの絵をみんなに見せてね』とのこと。

どんなだよ、と思いきや、ゲゲゲの鬼太郎にも出てくる立派な妖怪さんでした。すごい。

ぜひ検索して、当時の瓦版に書かれた姿をご覧ください!

ここで見ておけばきっとコロナに勝てる…はず!




お問い合わせ
TOPへ戻る