【さとみ】踏切でのルール│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【さとみ】踏切でのルール

【さとみ】踏切でのルール

こんにちは。

仙台南店の鈴木です。

 

先日、入社ほやほや南店アシスタント・野呂さんと車に乗っていた時のこと。

ペーパードライバーで現在運転練習中の為、踏切で

「踏切だよー。気をつけてねー。」

と声がけしたところ

 

「はい!窓を開けるんですよね!!」

 

と元気に返事されました。

 

 

え?

窓開けるの?

 

・・・はっ!言われてみればそうだったかも!!

 

という訳で、窓あけて踏切を通過致しました。

初心忘れるべからず。

 

ちなみに【道路交通法第33条第1項 踏切の通過】には

「車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前で停止し、かつ、

安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。

ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる」

とありました。

一時停止と安全確認は義務付けられていますが「窓を開けて、音を確認すべし」とは記されていないので

法律上は問題なさそうな・・・。

 

 

とは言え、これからは窓を開けて踏切を通過することを心がけようと思います。
お問い合わせ
TOPへ戻る