あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
HOME >スタッフブログ >あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」

あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」

あいホーム専務取締役・水族館前店店長 伊藤のブログ
あいホーム専務取締役

3歳と1歳のパパ
「シンプルでわかりやすい」
を大事にしてます


週1回以上のブログを8年継続。
TVコマーシャルを一切せず、クチコミベースでお客様にお知りになっていただき、良質な住宅をご提供してます。宮城県内で住宅をご検討の方に、少しでもお役に立てるよう日々頑張っております。

【謙】カインズの人工芝

「雪に埋もれても大丈夫」は本当だった

こんにちは(^^♪

過去に世界中で流行った「動画」を、子供に見せてみました(3歳と1歳)。幼稚園や保育園で「今」流行ってるわけでは無いはずですが、子供の心を掴んでます。普遍的な面白さがあるようです。PPAPさすがです。(ピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペン)


『iPhoneの壁紙にしたお気に入りの滝』↓
※文脈関係なしです
iPhoneの壁紙にしたお気に入りの滝
子供は正直で、「楽しい」と「楽しくない」が明確にわかります。1秒で「楽しそう」か「楽しくなさそう」かを判断します。楽しければ笑うし、「またやりたい」「また見たい」となります。


逆に楽しくなければ「イヤだ」と言うし、「したくない」となります。


相手の立場になって考える、は言葉で言うのはカンタンですが、「子供の立場になって考える」はできそうで難しい。

しかも、子供の成長は光の速さで進みますので、昨日「〇」だと言ってたものを今日「△」だといいます。


『打倒YouTube』で、動画よりも楽しい企画を毎日何かないかなぁと思っていて、昨年やってみたのが「カインズの人工芝」でした。

朝起きたら、「思いっきり遊べる芝」があったら「すべり台」を置いたり、プールを置いたりして、楽しんでもらえるのじゃないか。

砂場なんかも作ったりしたら、「家に入ろう」といっても「まだ遊びたーい!」なんて言われたらどうしよう~と、妄想してやりました。


数時間かけて人工芝を設置し(朝早く)、子供たちが起きたらビックリさせようと思ってがんばりました(1年前の話です)

子供たちが起きて、一生懸命作った「人工芝」の上に連れていって最初に言われた言葉が、











「おうちに入りたい」


でした。


見事に、スベリました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、2年目のシーズンになりました。


人口芝シーズン「2」です。


今は、朝起きると、
















「庭で遊びたい」

と言ってくれるじゃないですか。


結果はすぐに出ないこともあります。今年の人工芝ではどんな思い出が作れるのか楽しみです。梅の花が咲いてなかなかいい感じです。



「カインズの人工芝」は最高です!
カインズの人工芝

【謙】弟の結婚式の裏側で・・・

お祝いありがとうございました!!


こんにちは(^^♪


私は「男4人兄弟の長男」に生まれました。小さい頃から「男4人兄弟」という兄弟構成を大人の方に伝えると、「お母さんがんばったね!(笑)」と言われる確率が異常に高かったです。今、二児のパパになってみて、「その言葉の意味」わかりました。4人は確かにすごい。



先日、弟の結婚式がありました。
色んな方に、お祝いにご参加いただいたこと、兄として本当に感謝申し上げます。


『式場の散歩中に見つけた篝火』↓
式場の散歩中に見つけた篝火

当日の私に与えられた仕事は、【親族紹介】と【パパ】でした。


3歳の息子と1歳の娘が、

①「はたして3時間同じ場所で、じっとしていられるのだろうか?」


(さすがにそれは難しいでしょう)



そして、もう一つ。


②「体力はもつのだろうか?」

(これも大人と同じようにいかないでしょう)



テーマはこの「2つの問い」でした。「子供の可能性」に関心があるので、なんとか2人が1日過ごせるよう、いろいろ作戦練って挑みました。



キーポイントは、


『お昼寝の成功』


です。



夕方の披露宴でしたので、『お昼寝』をうまくしないと、「披露宴中は全部寝てた」という結果も、カンタンに想像できました。







幸いにも、当日は快晴。

朝から自然と思いっきり戯れて、子供たちが『お昼寝』したくなるぐらい、体力を消耗することに専念しました。


11時ごろに、「おなかへった」と言われたときは、とても嬉しくなりました。(うまくいったかも!)



早めにお昼ご飯を食べて(もりもり食べました)、『お昼寝』への道を一つ一つ進みました。



マイクロバスで会場まで向かう道中、何とか寝てくれていろいろハプニングもありましたが1日を過ごせました。




いやぁ、よかった。

披露宴は、全て起きてました。

いやぁ、めでたい。

めでたし、めでたしでした。



めでたい1日でした。

『エンゼルブーケ前の打ち合わせ風景』↓
エンゼルブーケ前の打合せ風景

【謙】1日ほとんど〇〇してる!

スマホ時代のスキル


ゲームは、中学で柔道部に入ってから「ほとんど」しなくなり、高校でラグビー部に入った時からは「全く」しなくなってしまいました。夢中になるものが変化していきますが、いつも何かに夢中です。




『子供に倒されずにドミノつくれるかゲーム』↓
子供に倒されずにドミノつくれるかゲーム

「ゲームはほとんどしない」と書いておきながら、
最近、ある「対戦ゲーム」を少しだけやり始めました。



と、


その話の前に、「コミニケーション」について振り返ってみます。



今や、社内コミニケーションの70%はLINEです。

[内訳]
70% LINE(チャット含む)
15% リアル
10% 電話
5% メール
※私の感覚値で、特にデータ取ってるわけではありません。


これがお客様になると、

[内訳]
50% LINE(チャット含む)
40% リアル
9% 電話
1% メール

です。

どう考えても「1日のほとんどのコミニケーション」を、「パソコンかiPhoneでLINE」してます。私の場合は、スタンプはあまり使わないので、ひたすら文字を打つのですが、どうにか速く文字を打てないか、といつも考えてます。

そこで、「フリック入力」を鍛えようと思い、始めたのは「フリック入力」の対戦ゲームです。



[フリック入力をわかりやすく解説してくれてる↓]



「フリック入力」は、世界を相手に戦うことができます。

1日の多くの時間をLINEに費やしてるので、手の指がLINEになってきました。学生の頃は、本当にメールが嫌いだったので、自分の変わりようには自分でビックリしてます。


基礎をとても大事にする性格なので、「フリック入力」に関しては結構本気です。


2つのアプリでトレーニングを続けてますので、「鍛えたい!」というストイックな方は、最後に書いてあるアプリをお試しください。


ストレスなく文字が打てるって素敵なことです(^^)/





【アプリ名:Flick Fan!


「ランキング」というところで、フリック対戦してます。
ちなみに、最高記録は1分間に147文字でした。


『こんな画面でフリック鍛えてます』↓
こんな画面でフリック鍛えてます

【謙】あいホームの採用プロセスとは?

IT×採用プロセスの話


ここのところは「新卒採用シーズン」で、学生さんがよくブログを見てくれてます。

営業・門馬さんのブラック企業の話、工務・阿部くんの地元貢献できる話、EX・朱莉ちゃんの就活の時の話、総務・青木さんリクルートスーツ懐かしいの話....etc、かなり面白かったです。

『満席の単独説明会3/18。社長が話してます』↓
満席の単独説明会3/18。社長が話してます




新卒採用の話の流れなので、あいホームの「採用プロセス」について、ご紹介したいと思います。


学生さんは、このブログを見た方は少しお得かもしれません。
(ほんのちょっとだけです)


今現在は、書類選考中なのですが、4月に入ると「一次面接」や「ITテスト」が行われます。



よく、

「ITテストとはどんなことをするのですか?」

と聞かれるので、ここでも内容を伝えてしまいます。(学生さんには、きちんと丁寧にお伝えします。ご安心ください)



「ITテスト」の内容は、ズバリ「タイピング」です。


今や、1日のほとんどが「パソコンの目の前」で過ごしております。普通に『日本語を喋る』ように、『パソコンで文章を打てる』ほうが仕事は進みます。


あいホーム社長がよく話をしてますが、昨年の甲子園で「大阪桐蔭と金足農業の差は何か?」という興味深いテーマがあります。


あいホーム社長は、その差を「フィジカル」と言ってます。


なぜ「フィジカル」かというと、決勝戦で「汗ダラダラ」の金足農業に対して、大阪桐蔭は「一つも汗をかいてない」ように見えたからだというのです。



フィジカル、つまり、基礎体力が弱いと勝ち続けることは難しいことを伝えてます。

あいホームの「フィジカル」って何?


あいホーム社員における「フィジカル」はなんだろう?


そう考えたときに、いくつかありますが、そのうちの1つが「タイピング」だと考えてます。(スマホでだとフリック入力)

タイピングは、以下のサイトでITテストやります。全く同じものをします。



数年前に、あいホーム全社員でこのタイピング強化を行いました。


「全員が3分で『55点』を超えるまで続ける」と目標で、毎月のようにピリッとした空気でテストが行われました。野球でいうと「素振り」、サッカーでいうと「リフティング」、柔道でいうと「打ち込み」、ラグビーでいうと「ランパス」、のようなイメージです。


フィジカル鍛えましょう。


そういう話でした。


次の記事で、「フリック入力で世界と戦う」という話をたぶん書きます!

【謙】夢中になること

どんぐり×ラグビー×ITの話!



こんにちは(^^♪


ジブリの「となりのトトロ」と、米津玄師さんが手がけた「パプリカ」という楽曲に親子でハマっていて、「森でどんぐり集め」が最高に楽しめる今日このごろです。(「パプリカ」は紅白でも歌われてたので、YouTubeでぜひ!



[どんぐりを収集する遊び]↓
どんぐりを収集する遊び

実は、どんぐりが落ちている場所は「芝」のある公園のようなところなので、ラグビーボールとの相性も良いです。


どんぐりを拾っていたら、いつの間にか「ラグビーボール」を拾って、ラグビーにハマってもらってないかな、と狙っているのが本音でした(ラグビーがやっぱり好きみたいです)。


もちろん、思った通りにいくわけなく、毎回子供と遊ぶ時は「反省の連続」。ただ、「夢中になっている状態」を見たときには嬉しい気持ちになり、「ラグビーをすること」よりも「夢中になっていること」に価値を感じます。


夢中になれるものがある、は本当に素晴らしいことです。


夢中になれること・・・・


ということで、


長いこと趣味にしている「マラソンの話」をお届けします。



ここ数年で自分の「マラソン環境」も大きく変わりました。

大きな変化は、「マラソンのIT化」です。



・ Apple Watch
・ Strava
・ Bluetoothイヤホン
・ Fitbit


などのツールを使って、マラソンが劇的に楽しくなりました。



劇的に楽しくなった理由を、いくつかご紹介します↓

歩数の見える化、ペースの見える化、目標の進捗(%)の見える化などを、私が一切時間を使わずにITが全部やってくれてます。

マラソンコーチをつけたような感覚で、モチベーションが落ちる事はありません。

自分のランニングの中身、つまり心拍数やペースが「勝手に分析される」ので、『今日のペースはこれぐらいにしよう!』『明日は、少し上げてみよう!』など、頭でランニングをするようになりました。

Bluetoothイヤホンのおかげで、コードレスで快適な音の環境が整いました。好きな音楽を聞いても良いのでしょうが、私の場合は走りながらオーディオブックを聞くのが楽しいです。


まだまだあるのですが、キリがないのでこのへんにしておきます。


この「楽しさ」はできるだけ多くの人に伝えたいと思っていて、ITは使ったら得だし、使わないと損の分野です。

超アナログだった自分ですが、これだけITに夢中になってるので、まだまだ情報発信しながら勉強していきたいです。



[告知]
今年、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。ワールドカップを楽しむための「楽しいアプリ」あります。また紹介します。


どんぐり、ラグビー、ITに夢中になる話でした。



[家に戻っても夢中でした]↓
家に戻っても夢中でした
TOPへ戻る