あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
HOME >スタッフブログ >あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」

あいホーム専務取締役・伊藤謙ブログ「ハッピーブログ!!」

あいホーム専務取締役・水族館前店店長 伊藤のブログ
あいホーム専務取締役

3歳と1歳のパパ
「シンプルでわかりやすい」
を大事にしてます


週1回以上のブログを8年継続。
TVコマーシャルを一切せず、クチコミベースでお客様にお知りになっていただき、良質な住宅をご提供してます。宮城県内で住宅をご検討の方に、少しでもお役に立てるよう日々頑張っております。

【謙】有給休暇5日取得の義務化で!

何を問われているか?


話したことない方と新幹線で隣の席になりました。ひょんな話から「仙台国際ハーフマラソンに参加する」ということがお互いわかりました。あっという間に、仙台から東京につきました。「マラソン」で距離が縮まる不思議な体験でした。


『仙台国際ハーフマラソン2018より』↓
仙台国際ハーフマラソン2018より

「健康」は多くの人の大きなテーマで、マラソンする方も増えているのではないかと思います。先日、医療機関にあいホームの「健康への取組」が特集されたのでした↓




【医療機関にも注目されたあいホームの記事はこちらから!】






世の中がドンドン変化していく中で、次は「有給休暇5日の取得義務化」。4月から始まるので、これについて思っていることを書いてみようと思います。



守らないと罰金刑があるというレベルの義務化ですから、各社どのようにこの義務化と向き合うかが、問われます。



「本当に思っている事」を、1つ最後に提案してみたいと思います。


普通の休みに加えて「有給休暇5日取得」するという事ですから、年間の仕事の時間を考えたときに、3%ほどの時間短縮が求められていることになります。


1日に置き換えて考えると、約10分仕事を短縮するということになります。約10分仕事を短縮しながら、同じだけの仕事をすればよいわけです。



「10分早く帰ればいいのか」


という話ではなく、「時間を10分短くして同じ価値の仕事をする」ということなので、同じやり方や考え方では全然だめですよ、を突き付けられている感じです。


「考え方を変える」を口で言うのは簡単ですが、「具体的にどうすればいいの?」ともっと踏み込む必要があります。

「考え方を変える」は、次の2つに集約されるはずです。


①何をやらないか決める
②何をやるか決める


これが「考え方を変える」だと私は認識してます。(他にも良い方法があれば聞いてみたいものです)



前フリが長くなりましたが、ここで1つ4月に向けてご提案です。



コミニケーションの取り方を

見直しませんか?



・本当に会う必要があるのか?
・本当に電話する必要あるのか?


ここを見直すだけで、1日約10分の短縮は簡単にできると思います。


だから私は、一緒に仕事をする方には、


会うよりもWEB面談
電話よりもチャット(LINE・ショートメッセージ)
メールよりもチャット(LINE・ショートメッセージ)


をお願いしてます。


「コミニケーションの取り方」で、働き方改革の意識がハッキリ分かるので、定期的にこの分野についてはブログでも発信していこうと考えてます。


大事なのは、「お客様への時間は一切削らない」です。他の時間をなんとかギュッと圧縮して、今以上の仕事をみんなでできればよいなぁ・・・。


がんばります!!




今、超お得な60周年キャンペーンやってます!
笑顔のスタッフがいつも展示場でお待ちしております!


【謙】これからの資格とは?

勉強したもん勝ち




仕事に関係ない話はあまりしないと思いながらも、ラグビーネタを振られると、テンション上がってるのが顔に出てしまっているのではないかと心配してます。ラグビー好きです。2019年のワールドカップ盛り上げます。


テレビの画面越しに、ラグビーの試合を年末年始みました。iPadでJ SPORTSオンデマンドと言うサービスを使って。

ラグビー選手たちは、100キロもの体重で50メートル6秒台で走ってきます。100キロの体を維持するには、日々の筋トレと大量の体を作るための「食事」が必要で、体を見ただけで日々の努力が分かり、刺激を受けます。



ラグビー選手の日々の努力は、明らかに体に現れます。


-----------------
では、私たちは?
-----------------




日々の努力とは「勉強」です。



これからの資格について、お届けしてみようと思います。

あいホーム社員は2019年、全員が「スマートマスター」という資格を目指します。

簡単に言うと、「ZEH」や「家電に」や「AI」に強くなる資格です。

エアコンを外出先から遠隔操作したり、4Kテレビや8Kテレビのことを勉強したり、これからの電力事情を勉強したり、最先端の住宅事情を勉強します。

住宅と家電は別物と考えてましたが、
正直、住宅と家電はくっついてきてます。住宅とインターネットもくっついてきてます。

住宅について詳しかった人も、「ZEH」「家電」「IT」「AI」となると、まるっきりわからないなんて人もたくさんいると思います。



勉強するしかないです。
これが現実です。



今までの知識で生きていくなんて甘い事は許されません。勉強して新しい知識をつける以外、生きていく道は無く、私は必死でございます。(こうやって自分を追い込み、なんとか自分を勉強させようとしてます)

私の勉強の方法の特徴は、「面白いと思うところからやる」「まずは1問解いてみる」「教科書を読まないで、いきなり問題を解く」などあります。



1番最初の問題を解いてみたら、「まぐれ」で正解しました。

正解すると、脳が勘違いして「楽しい」と思うようになります。


勉強続けて、あいホームは宮城県ZEHナンバーワンを目指します。がんばります。



以前も書きましたが、下記の場所で実際にZEH住宅を体験できますので、ぜひご覧になってみてください↓




MG_7115
(一番右が、水族館前店のZEHモデルハウス。床暖が心地いいです)







【謙】ZEH(ゼッチ)の定義とは?

4つの基準クリアでZEH(ゼッチ)

3歳の息子が「パパ」と呼ぶの卒業し、「お父さん」と呼ぶようにしました。自分でさせておいて、自分のこと「パパ」とつい言ってしまう。子供が変わる前に、親の意識改革が必要です、はい。



時間の流れとともに、新しい言葉が生まれます。常に新しいものを取り入れていく姿勢がないと、こんなにスピード感のある時代に取り残されちゃう。


そんなわけで、以前も書いたかもしれませんが、最先端の住宅であるZEH(ゼッチ)について、もう一度「コトバの定義」をがんばって解説してみたいと思います。

最先端の住宅 ZEH

ここからのブログを読んでいただく前に、政府が発表してる「この資料」を読んでみてください↓
はじめにお伝えしておきますが、「よくわからない」と思う方が正解です(私もよくわかりません、はじめは)。これ、このまま読んでわかる方は、「ZEHの今後」について是非語りましょう!






さて。


↑の中にあるZEHの定義には、4つの基準があります。4つの基準をクリアすれば、「ZEHです!」と言ってもよいです。


家を建てる方が、住宅性能をパッと一目でわかるように、政府が基準を設けてくれてるという感じなんですね。



≪一定の基準を超えているものを、〇〇と呼ぶ≫


っていうのは、とてもわかりやすい。


これを他の「業界」に当てはめると、『トクホ』のお茶。「人」で言えば、インテリアコーディネーター、宅地建物取引士、建築士など、一定基準の試験をパスした人しか、名乗れないようになってます。

すべては、お客様にとって、「品質をわかりやすくする」ためと考えるのが正解な気がします。

すべてのハウスメーカーを見て回ることができないので、基準を設けて「基準以上の住宅かそうでないか」を一目で判断できるように「物差し」として使うべきだと思います。


ZEHと呼ぶために。クリアする基準は4つ

ZEHと名乗るには、4つの基準をクリアする必要があります。

これを理解する上では、難しいことが大きく2つあります。


①地域によって基準が違う
②普段使わない言葉が出てくる



この2つは本当で、一般のお客様が基準の中身を理解するのは結構難しいはずです。

なので、勝手に噛み砕いて「4つの基準」をここに書きます。
(私の理解と思ってください)


【1】断熱性が高いか?
【2】省エネ性能は高いか?
【3】太陽光ついてるか?
【4】光熱費かからないか?



この4つに対して、「数値でイエス!」と答えられる住宅は、ZEHです。

この質問にお客様がわかる言葉で、めんどくさい説明をしないで、答えられるか。これは私たちに求められております。



で、あいホームはどうなの?



と、思われた方はこちらを併せてご覧ください。



建築して2年8カ月が経過している「ZEHの家」で、生の光熱費を公開してます↓




また、残り1棟となりましたが、多賀城八幡でZEHの建売好評発売中です。



【謙】還暦のあいホームで〇〇〇

県内5か所で一斉に開催


朝起きると、雪が積もっていることが多くて「雪かきの時間」も考えて生活してます。なのに、富谷市・本社に出社してみると、「全く雪がない」なんてこともザラ。『雪資源』の多い加美町なので、雪が好きな方はウェルカムです。


『タックルしながら雪だるまトレーニング導入』↓
今年からラグビーを始める3歳息子と
タックルしながら雪だるまトレーニング導入

前々回のブログで書きましたが、2月2日と3日にあいホーム60周年祭を開催いたします。還暦のあいホームで「まつり」です。



その目玉となる『福企画』は、もうご覧になりましたでしょうか?

[100万円が6名に当たる福企画]





宮城県内の「5つの住宅公園」で同時開催するのですが、各店で着々と準備が進んでおります。

今回の「60周年祭」
真剣にお伝えしたいことは1つ。



「消費税8%で新築するなら、3月31日までのご契約」
これが究極のメッセージです。


消費税が10%になってから、どれだけ8%で建てたいと強く願っても10%で建てるしかありません。テレビ、車、パソコン・・・など、個人の方が購入する最も高い買い物は「家」です。



選択肢は、「家を建てる」だけではありません。


①これを機会に一度は検討→やはりやめる
②検討しない
③家を建てる


正直、①は大大大歓迎です!!!!!


大事なので、3回書きます。


「消費税8%で新築するなら、3月31日までのご契約」

「消費税8%で新築するなら、3月31日までのご契約」

「消費税8%で新築するなら、3月31日までのご契約」

8%では建てない、と決めるのも決断。
気楽な気持ちで遊びに来ていただきたいですね~。
元気に60周年祭を迎えられるよう、
インフルに負けず、がんばります!





最後に、
医療機関も注目する健康企業「あいホーム」という話だけさせてください。


泉中央駅にある、「一般財団法人宮城県成人病予防協会 仙台循環器医療センター」が独自発行している情報誌にあいホームが取り上げられました。数カ月前に取材を受けて、あいホームの健康への取組が記事になりました。


下に抜粋の文章を掲載させていただきます。医療機関のHPリンクも一番下に用意しますので、ご覧になってみてください!



(記事本文から抜粋)

当社ではここ数年、健康に関する取り組みを次々と始めています。 
一つ目はマラソン。仙台国際ハーフマラソンと松島ハーフマラソンに有志が参加しています。目標を持つことが励みになって、普段の練習にも熱が入っているようです。 
きっかけは、 60代の社長が「マラソンに出る!」と宣言したこと。体力をつけておかなければ仕事の質も上がらない、と。大会へのエントリーを募ったところ、10名ほどが手を挙げ走りました。





【謙】2018年度ブログまとめ

ブログを整理2018


現在、2019年1月15日です。
2016と2017のまとめブログを書いてみたら、すごく便利だったので2018年もまとめてみました。


2018年4月~2018年12月に書いたブログを、
リンク付きの目次で整理してみました。

一生懸命書いてるブログなので、
ぜひ読んでいただきたいです!
4月のブログ


5月のブログ


6月のブログ


7月のブログ


8月のブログ


9月のブログ


10月のブログ


11月のブログ


12月のブログ







ちなみに2019年の一文字は、「日」です。
1日1日を大切にします。
2019年の一文字は、「日」
TOPへ戻る