「クモの巣」という視点で家を見る│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

「クモの巣」という視点で家を見る

「クモの巣」という視点で家を見る

朝、あいホームでは、8時20分にチャイムが鳴ります。
なんのチャイムかというと、「掃除開始のゴング」。一斉に、10分間の清掃が始まります。
私の担当は、だいたい外。駐車場のゴミ拾いや、物置の整理に時間を使うことが多いです。



この時期になると出てくるのが、「クモの巣」です。玄関の上、エアコン室外機と外壁の間・・・・など、【隙間】とか【角】とかが本当にクモは好きですね。 もう、いいかげんにしてほしいです。ただクモの巣を取ってるのも退屈なので、色々と考えていたら、こんなことを思い出しました。



「このクモの巣を一生忘れない」



という父の言葉です(笑

※若干、違うかもしれませんが、意味合いは一緒だと思います。




父の言葉を出すのは、非常に恥ずかしい事ではありますが、あまりにも大事なことなので書きますね~。



その話っていうのが、あるモデルハウスを父が見にいった話でした。
とても売れている住宅で、たくさんの方が見に来ていたようです。








だが、しかし・・・・。






どんな風なクモの巣かわかりませんが、すごいクモの巣があったようなんですね。
顔にまとわりついたのか、頭にモサッとついてしまったのかわかりませんが、非常に不快な気持ちになったそうです。




どれだけ売れていても、こんなクモの巣がある住宅って・・・・・ありえない!



と思ったんでしょうね。



その話を3回以上は聞きました(笑)


3回以上も聞くと、脳にこびりつきます。


そして、私は朝にクモの巣を取るのです。




そういうわけで、お客様へ。



モデルハウス・建売を見る際、クモの巣があるかどうかは非常に見所です。
自分で書いておきながら、身が引き締まる想いですが、本当のことです。



せっかく、あいホームを見に来ていただいたからには、気持ちよく内覧していただきたいですね。


あいホームHPはこちら
お問い合わせ
TOPへ戻る