くつぬぎの文化│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

くつぬぎの文化

くつぬぎの文化

衣替えをして、少々生地が厚めの工務服を着るようになりました。
「暑い」としか感じてこなかったのが、たまに「寒い」と感じるようになるというのは、とても面白いことです。着るものも変わるし、食べるものも変わるし、起きる時間まで変わってくる。四季を持つ、日本最高です。 




 そして、その日本が持つ文化の一つに、「くつぬぎの文化」というものがあります。




私たちは、家に入るときに必ず靴をぬぎます。ぬがない人を見たことがありません。 だから、日本はくつぬぎの文化。この言葉、つい先日知りました。普段当たり前になんの意識もせずにやってることが、「文化」なんですよね。くつぬぎの文化と聞いたときに、ジワーっと私は日本人なんだな~って思いが湧いてきた感じがして、心地よかったです。



そういう目で見ると、私たちの足は本当に色んなものと触れたり、歩いたりしてます。靴を履いて外を歩いたり、スリッパを履いて会社の中を歩いたり、建築中の建物の中を歩いたり、様々です。






ズバリ、どんな時が好きでしょうか?





私の一番は、





ハダシで、緑の芝の上





です。 







そして、その感覚に近いぐらい好きなのが、




ハダシで、あいホーム「高品位の家」のフローリングの上




です(笑) ※本当に個人的には、シカモア色




壁や天井と同じぐらい面積が広く、そして、直接触れる「床」はすごく大事な部分ですね!



あいホームHPはこちら



【このブログは、自分が仕事に対して、どういう想いで取り組んでるかをお伝えしたい。また、あいホームに関わる方に、あいホームのことをもっともっと知ってもらいたい。そんな思いで書いてます。私が書いたことで、誰かを嫌な思いにさせてしまうこともあるかもしれませんが、一所懸命よかれと思い書いてます。そのため、ぜひ、ご覧になった方のご意見・ご指摘を頂戴できれば、と思います。直接、ken-ito@aihome.bizまで、メールをお寄せください。どうか宜しくお願い致します。】



お問い合わせ
TOPへ戻る