わかりやすい家作り│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

わかりやすい家作り

わかりやすい家作り

11月25日ぐらいには初雪が見れるかと思いましたが、予想はハズレ。
27日に初雪見ました。
吐く息は白くなって、足や手の指の先が冷たくなる中、あいホームの建築現場は今日も動きます。




秋のうちに「おー、いい空だ」と思ったときに撮っておいた写真をまずは。


空3




空2





空1




写真ではわまり伝わらないかもしれませんが、いい空でした。






それでは本題。


あいホームのブログをご覧になっているということは、



「宮城の注文住宅」



という雑誌をご存知でしょうか?




その中に書いてますが、



あいホームは、「わかりやすい家作り」をお客様にご提供させてもらってます。


想いをお伝えするのが私のブログ。
短い文章だけで全て伝えることができないので、何回もブログで書いてるわけです。
初雪も降ったキリのいいタイミングで、自分なりの「わかりやすさ」というものを考えてみました。



今回は、わかりやすさを、わかりずらいものから考えてみます。


マイホーム計画を考える上で、非常にわかりずらいものがつあります。
(もっとありますが、ここでは3つだけ取り上げます)


1.住宅の買い方=お金の話がわかりずらい

どこの住宅会社で家を建てるにしても、住宅の買い方を知らなければ、何社見ても決めることが難しい。

・予算の立て方
・住宅ローンの上手な活用方法
・住宅会社の選び方

このポイントを、初めて住宅を建てようと考えている方にわかりやすくお伝えしたい。



2.住宅の価格がわかりやすい

人生で一番大きな買い物なのに、「いったいいくらかかるのか?」がカンタンにわからなければ、決められるものも決められません。これは今だに改善中ですが、大事にしていることです。住めるようにするまでにいくらかかるのか。


なるだけわかりやすく・・・・


そして、ご自宅でもゆっくりご家族で話し合っていただけるように、カタログを進化させてます。



3.住宅会社ごとの違いがわかりずらい



展示場を回れば回るほどに、どう決めたらいいかわからなくなる、というお話を何度もお客様から聞きました。
だから、できるだけあいホームの特徴をわかりやすくお伝えするのは、使命ですね。特徴がわかれば、よいと思うかどうかを考えやすいのではないかと思います。



そんなわけで、「わかりやすさ」というのは、非常に重要。


現場監督をしながら、建築の難しさ・奥の深さに日々気づかされる毎日。
住宅の難しい部分を、いかにわかりやすく、お客様にお伝えしていくか。

難しいものをより、簡単に。
そして、ゴチャゴチャっとしてるものを、シンプルに。

せっかくの家作りなので、お客様にも本気で家作りを楽しんでいただきたいですね~。



あいホームHPもご覧になってみてください



【このブログは、自分が仕事に対して、どういう想いで取り組んでるかをお伝えしたい。また、あいホームに関わる方に、あいホームのことをもっともっと知ってもらいたい。そんな思いで書いてます。私が書いたことで、誰かを嫌な思いにさせてしまうこともあるかもしれませんが、一所懸命よかれと思い書いてます。そのため、ぜひ、ご覧になった方のご意見・ご指摘を頂戴できれば、と思います。直接、ken-ito@aihome.bizまで、メールをお寄せください。どうか宜しくお願い致します。】









お問い合わせ
TOPへ戻る