将来が楽しみになってしまった話│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

将来が楽しみになってしまった話

将来が楽しみになってしまった話

自分自身がそこまでできてるわけではありませんが、「体を動かす習慣の大切さ」というのを以前から何度か書いてます。前向きな発想をしていく上でも、普段の仕事でより充実した時間を過ごすためにも、スポーツと仕事は相性がバッチリ!短い時間でも楽しく体を動かせる方法を模索中です。

 

時間の取れる休日は、ラグビー。
地元・加美町にラグビー場があることを、つい最近知りました。




IMG_4118



実家から5分。 
笑いが出るくらい近すぎる場所にあり、宮城県でのラグビー知識がまた1つ深まりました。 



そんなわけで、20代の体がバリバリ動くうちに、時間を作ってスポーツを楽しみたいといつも考えてます。 仕事を覚える時期でもあるので、やること満載。



ところが、「若いうちにスポーツをしておくべき」という人生観を、先日変えられてしまいました。



60代のある社長さんとの話の中で、フルマラソンの話題が。




「50代になった時に、60歳までの10年で何かやりたかった」



とおっしゃってましたが、全然走ったことなかった人がこんなに走れるのか思うほど、走ってました。



ホノルルマラソンを4回。
鹿児島のいぶすき菜の花フルマラソンを1回。
国内ハーフマラソンを20回。




完走したらしいんです。


だいぶ前に見た大河ドラマ「信長」で、


「人生50年」


と渋い表情で、信長が言ってる映像が思い浮かびます。




・・・人生50年からが新しいスタートではないですか?



将来が楽しみになっちゃいましたね。



あいホームHPはこちらから




このブログは、自分が仕事に対して、どういう想いで取り組んでるかをお伝えしたい。また、あいホームに関わる方に、あいホームのことをもっともっと知ってもらいたい。そんな思いで書いてます。私が書いたことで、誰かを嫌な思いにさせてしまうこともあるかもしれませんが、一所懸命よかれと思い書いてます。そのため、ぜひ、ご覧になった方のご意見・ご指摘を頂戴できれば、と思います。直接、ken-ito@aihome.bizまで、メールをお寄せください。どうか宜しくお願い致します。】



お問い合わせ
TOPへ戻る