14円でできること│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

14円でできること

14円でできること

「電気料をお金に置き換えてみる」


電気の価格はいくらか?
太陽光発電を活用した住宅について検討するには、電気の価格についても関心がいきます。


いったい自分は、いくらで電気を買っているのか?


電気契約ごと電気の価格が違うので、一般的な電気契約で考えてみると・・・


冬場の時期は、


1ヶ月6000円~10000円


ぐらいでしょうかね?


さらに、1ヶ月という大雑把な単位ではなく、

1kWh当たりの価格

で考えてみます。
1kWhというは、4人家族でドライヤー2~3日分の電気です。


髪の長さによって使う時間は違いますので、私なりの計算で2~3日分としてます。
私の場合、散髪したばかりの今ですと、30秒ぐらいで乾いてしまう。だから、細かい計算は抜きにして、


1kWh=ドライヤー2~3日分の電気


ということにしてます。


とにかく、その1kWhの電気。



その電気を


14円


で買ってます。
※従量電灯契約B120kWhまでの1kWh当たりの金額



それを条件を満たし、国の制度を活用すると、


38円


で自分の家で作った電気を、買ってくれるんです。 


2倍以上の価格で、買い取ってくれるんです。
これはものすごいことなんです。



150円



のレギュラーガソリンを、



360円



で買ってくれるようなものなんです。





しかも、20年間という長期に渡って、「固定買取」


それだけ太陽光発電で作られるエネルギーで、未来のエネルギーを賄おうとしてるということですよね。




「太陽」



という響きだけでも、私は好きです。
自然の力を使って、自分たちの生活が豊かになるんなら、そんないいことありません。



このブログだって、「電気」があるから書けるわけですからね。
おもしろいですね~♪


 
お問い合わせ
TOPへ戻る