【謙】二次試験で手に汗│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【謙】二次試験で手に汗

【謙】二次試験で手に汗

あっという間の3時間




こんにちは!(^^)!


みんな笑顔に!
あいホーム水族館前店
店長の件です。



以前ブログでも書いてましたが、
つい先日インテリアコーディネーターの二次試験を受けてきました。


試験を受けるためにご協力いただいたお客様には
この場を借りて感謝申し上げます。


体験、と言うものは
本で読んだり、人から聞いたりすること以上の価値があります。

体験者にしかわからないことっていうのはたくさんあると思うので
結果はどうなるかわかりませんが
試験についてちょっとだけ書いてみようと思います



さて、今回の試験のテーマは何だったでしょうか。


私の予想は「省エネ住宅」でした。
いや、むしろ、私の希望が「省エネ住宅」のほうが正確です。


自分がゼッチの住宅や省エネ住宅をお客様にご提案しているので、
そんなテーマだったらいくらでも書くことがあるなぁと淡い期待をしておりました。


ところ!

試験開始1分、
私もその甘い考えは見事に打ち砕かれました。

人生は予想通りいかないから、面白いのです。


なんと、今回のテーマは「一人暮らしの女性」でした。



ん?


一人暮らしの女性?



少し読み進めてみると、
一人暮らしの女性の中でも
70代の方の生活をイメージした問題でした。


私には90代のおばあちゃんがいるので、
よし決めた!
今日はうちのおばあさんのために試験受けよう、
なんて感じで始まりました。



3時間と言うのは早いもので、
気づけば1時間、また気付けば2時間と時間が経っていき、
もう残り30分でした。


部屋の空間の立面図や、家具図を書き終えました。

最後に残してた論文550文字。
書ききれるかな~。

残り15分、10分と時間が過ぎていき、
残り6分のところで565文字書き終え、終了。

見直す時間など無かったな~。


結果はそんなに期待できないけど、
この体験は自分の力になると思いました。


時間のプレッシャーの中で何かをすること、
3時間集中して何かに打ち込むこと、
なかなか日々の中にはないことでしたね。


2月に合格発表ですが、
次なるチャレンジに向けてもうスタートです。


2017年、仕事しながら勉強時間を作って、
がんばってこられた全ての受験者の方、お疲れ様でした。
お問い合わせ
TOPへ戻る