【謙】ZEH(ゼッチ)の定義とは?│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【謙】ZEH(ゼッチ)の定義とは?

【謙】ZEH(ゼッチ)の定義とは?

4つの基準クリアでZEH(ゼッチ)

3歳の息子が「パパ」と呼ぶの卒業し、「お父さん」と呼ぶようにしました。自分でさせておいて、自分のこと「パパ」とつい言ってしまう。子供が変わる前に、親の意識改革が必要です、はい。



時間の流れとともに、新しい言葉が生まれます。常に新しいものを取り入れていく姿勢がないと、こんなにスピード感のある時代に取り残されちゃう。


そんなわけで、以前も書いたかもしれませんが、最先端の住宅であるZEH(ゼッチ)について、もう一度「コトバの定義」をがんばって解説してみたいと思います。

最先端の住宅 ZEH

ここからのブログを読んでいただく前に、政府が発表してる「この資料」を読んでみてください↓
はじめにお伝えしておきますが、「よくわからない」と思う方が正解です(私もよくわかりません、はじめは)。これ、このまま読んでわかる方は、「ZEHの今後」について是非語りましょう!






さて。


↑の中にあるZEHの定義には、4つの基準があります。4つの基準をクリアすれば、「ZEHです!」と言ってもよいです。


家を建てる方が、住宅性能をパッと一目でわかるように、政府が基準を設けてくれてるという感じなんですね。



≪一定の基準を超えているものを、〇〇と呼ぶ≫


っていうのは、とてもわかりやすい。


これを他の「業界」に当てはめると、『トクホ』のお茶。「人」で言えば、インテリアコーディネーター、宅地建物取引士、建築士など、一定基準の試験をパスした人しか、名乗れないようになってます。

すべては、お客様にとって、「品質をわかりやすくする」ためと考えるのが正解な気がします。

すべてのハウスメーカーを見て回ることができないので、基準を設けて「基準以上の住宅かそうでないか」を一目で判断できるように「物差し」として使うべきだと思います。


ZEHと呼ぶために。クリアする基準は4つ

ZEHと名乗るには、4つの基準をクリアする必要があります。

これを理解する上では、難しいことが大きく2つあります。


①地域によって基準が違う
②普段使わない言葉が出てくる



この2つは本当で、一般のお客様が基準の中身を理解するのは結構難しいはずです。

なので、勝手に噛み砕いて「4つの基準」をここに書きます。
(私の理解と思ってください)


【1】断熱性が高いか?
【2】省エネ性能は高いか?
【3】太陽光ついてるか?
【4】光熱費かからないか?



この4つに対して、「数値でイエス!」と答えられる住宅は、ZEHです。

この質問にお客様がわかる言葉で、めんどくさい説明をしないで、答えられるか。これは私たちに求められております。



で、あいホームはどうなの?



と、思われた方はこちらを併せてご覧ください。



建築して2年8カ月が経過している「ZEHの家」で、生の光熱費を公開してます↓




また、残り1棟となりましたが、多賀城八幡でZEHの建売好評発売中です。



お問い合わせ
TOPへ戻る