【謙】有給休暇5日取得の義務化で!│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
157.7.242.178

【謙】有給休暇5日取得の義務化で!

【謙】有給休暇5日取得の義務化で!

何を問われているか?


話したことない方と新幹線で隣の席になりました。ひょんな話から「仙台国際ハーフマラソンに参加する」ということがお互いわかりました。あっという間に、仙台から東京につきました。「マラソン」で距離が縮まる不思議な体験でした。


『仙台国際ハーフマラソン2018より』↓
仙台国際ハーフマラソン2018より

「健康」は多くの人の大きなテーマで、マラソンする方も増えているのではないかと思います。先日、医療機関にあいホームの「健康への取組」が特集されたのでした↓




【医療機関にも注目されたあいホームの記事はこちらから!】






世の中がドンドン変化していく中で、次は「有給休暇5日の取得義務化」。4月から始まるので、これについて思っていることを書いてみようと思います。



守らないと罰金刑があるというレベルの義務化ですから、各社どのようにこの義務化と向き合うかが、問われます。



「本当に思っている事」を、1つ最後に提案してみたいと思います。


普通の休みに加えて「有給休暇5日取得」するという事ですから、年間の仕事の時間を考えたときに、3%ほどの時間短縮が求められていることになります。


1日に置き換えて考えると、約10分仕事を短縮するということになります。約10分仕事を短縮しながら、同じだけの仕事をすればよいわけです。



「10分早く帰ればいいのか」


という話ではなく、「時間を10分短くして同じ価値の仕事をする」ということなので、同じやり方や考え方では全然だめですよ、を突き付けられている感じです。


「考え方を変える」を口で言うのは簡単ですが、「具体的にどうすればいいの?」ともっと踏み込む必要があります。

「考え方を変える」は、次の2つに集約されるはずです。


①何をやらないか決める
②何をやるか決める


これが「考え方を変える」だと私は認識してます。(他にも良い方法があれば聞いてみたいものです)



前フリが長くなりましたが、ここで1つ4月に向けてご提案です。



コミニケーションの取り方を

見直しませんか?



・本当に会う必要があるのか?
・本当に電話する必要あるのか?


ここを見直すだけで、1日約10分の短縮は簡単にできると思います。


だから私は、一緒に仕事をする方には、


会うよりもWEB面談
電話よりもチャット(LINE・ショートメッセージ)
メールよりもチャット(LINE・ショートメッセージ)


をお願いしてます。


「コミニケーションの取り方」で、働き方改革の意識がハッキリ分かるので、定期的にこの分野についてはブログでも発信していこうと考えてます。


大事なのは、「お客様への時間は一切削らない」です。他の時間をなんとかギュッと圧縮して、今以上の仕事をみんなでできればよいなぁ・・・。


がんばります!!




今、超お得な60周年キャンペーンやってます!
笑顔のスタッフがいつも展示場でお待ちしております!


お問い合わせ
TOPへ戻る