【謙】良いタイムの出し方は?│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【謙】良いタイムの出し方は?

【謙】良いタイムの出し方は?

体を科学しました!


こんにちは(^^)


あいホーム社内で、1番マラソンのタイムが良いです。先日開催された「仙台国際ハーフマラソン2019」でも、2位(社内の)に「5分差」をつけて、1時間41分40秒で完走しました。一応、真面目でストイックな伊藤です。



『レース前に5人で移動してたら、優しい方が写真撮ってくれました』↓
『レース前に5人で移動してたら、優しい方が写真撮ってくれました』

さて、


本大会の真の1位は、アレクサンダー・ムティソ選手(NDソフト)。

タイムは、1時間1分10秒

折り返し地点で「生の走り」をこの目で見まして、頭の中で自分の走りと戦わせてみましたが、勝てる要素が1つもありませんでした。やはり、完敗です。


2位が、佐藤悠基選手
3位に、村山謙太選手(仙台出身!)

と続きます。


ハーフマラソンには1万3198人が参加したようなので、私の1218位トップ10%には入れてる成績のようでした。



上には上がいて、「嬉しい」よりも「悔しい」という気持ちの方が大きい。来年自己ベスト更新のチャレンジをまたするので、今日からまた準備です。


「マラソンとは人生のようなものだ」


と、背中に書かれたTシャツを着て、レースに参加している方がいました。

「なるほどな」と思ってしまったわけで、今ブログを書いているときに思い出せるほど印象に残っています。



良いタイムを出すために何が必要なのか?


ここに、

「マラソン=人生の法則」

があるような気がします。



マラソンの最大の特徴だと思いますが、「その日にいくら頑張っても、良いタイムは出せない」んですよね。



つまり、


「どれだけ準備をするか」


という勝負。


これをいうと耳の痛い方もいると思いますが、私自身も「もっとよいタイムを出そう」と思っていたので、準備不足を痛感せざるをえませんでした。


1に準備
2に準備
3に準備
4に準備
5に当日のコンディション


といったイメージです。


私の体のピークはもう終わっているので、あとはこの「準備力」でさらにタイムを伸ばしていくしか選択肢はありません。


とにかく、

マラソンの主催者の方、ボランティアの方には本当に感謝ですし、この大会があることで県外からたくさんの方がこられて、飲食業、ホテル業、観光業が盛り上がるのはとても良いことです。


地元が盛り上がる事は、最大限応援したい!
お問い合わせ
TOPへ戻る