【謙】田植えを数値化したら?│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【謙】田植えを数値化したら?

【謙】田植えを数値化したら?

暑い中での田植え、本当にお疲れ様です




こんにちは(^^)




苗箱(ナエバコ、たぶん)を積んでる

軽トラ(軽トラック)を見ると、

「応援してます!!」

という気持ちになります。



「かえるの合唱」を聞きながら、

毎日寝ているこの時期。



朝がやってくると

自分が想像もできない量の

「田植え」が

行われているのか・・・と、



ただただ

応援するしかない気持ちです。



毎日、

食べている「お米」に感謝ですね。


『1日だけ(半日だけ)、

田植えの手伝いにいけました』↓

1日だけ(半日だけ)、田植えの手伝いにいけました




今年は、

田植えを「数値化」する話を

書いてみます。



「数字で考える」ということを、

とにかく自分に癖付けしてるので、

あらゆるものを数字で置き換えます。



●生卵が3個あれば、



「これなら

2人分の卵焼きが作れるんだ」



と適当なことを言ってみたり。

(本当に2人分作れるかは

確かめてません)



●5キロのランニングコースがあれば、



「今日は体の調子が良い。

23分台で走れそうだな。

1kmを4分30秒ほどで走ろう」




と作戦を立ててみたり。



●本が5冊あれば、


「ざっくりと要点だけ、

ゲットしよう。

1冊15分かけて、

1時間で4冊程度かな。」



とやれるかわからないけど、

目標をたてる。





●今日はブログを書こう。


「私のブログは1000文字ぐらいを

目安に書いてるので、

同じ位になるようにしよう。

写真も1枚入れよう

30分程度で文章完成させたい」



….etc



す、数字で考えるのは、

なんだかとっても頭を使います。



この「数字脳」は、

最初からできる人はごくわずかで、

後天的に出来るようにする

(努力して身に着ける)

しかないのではないでしょうか。



社会に出る前は、

「だいたい」「なんとなく」

「ざっくり」「あそこのあれ」とか、

抽象的で数字の入っていない言葉を

ふんだんに使い、

コミニケーションとっていました。



そのため、

少しでも気を抜くと

そうなってしまいます。



あ、話を戻します。

今回は「田植えの数値化」の話です。




「田植えも数値化だ!」



という意気込みで挑みましたが、

苗箱を積んだり、

苗を「板」にのせたり、

田植え機に運んだり、

ヒーヒー楽しんでましたので、

「数値化」は出来ませんでした。




来年こそは、

少し余裕を持って

取り組みたいなぁ....、

と今は思っているのでした。





(まだつづく)



「数字」というところで、

もう少し書いてみたいのは、

「時間」のことです。




『働き方改革』の影響で、

「1時間」の「時間価値」が

以前よりも高くなりました。




「残業」があったときは、

1時間で終わらなければ

残業してプラス1時間。




以前、2時間かけてやってたことを、

今は「必ず」1時間で

終わらせなければならない。




そうなると、

時間の『濃さ』は2倍。

時間価値が2倍に上がった、

と表現しても

言い過ぎではありません。




1時間は、

1分間を60回。



そして、

1分は1秒を60回過ごすことです。



1時間の価値を

上げるということは、

1分の価値を上げ、

1秒の価値を上げることです。



ITのおかげで、

1秒や5秒、30秒でできる仕事が、

増えました。




IT化がんばります。



暑い中での田植え、

本当におつかれさまです。
暑い中での田植え、本当におつかれさまです




【過去記事まとめです

ぜひお読みください!】












お問い合わせ
TOPへ戻る