【謙882回】ロボット1号│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム

【謙882回】ロボット1号

【謙882回】ロボット1号

ロボットと仕事する




こんにちは(^J^)




多様性、好きです



個性の強い人が

たくさん集まっているチームが

楽しいなぁと思うし

パフォーマンスも高いだろうな

とも感覚的にわかってます


個性の強い人が たくさん集まっているチーム






ジャパンラグビーが

見せてくれたように



「絶対日本人だけで!」



という概念は一切なく

日本というチームを



「選んだ選手」



が国籍を問わず集まる感じ


過去最高の結果を

多様性が創ったと言えます



さて、そんな中。




11/25



あいホームに

ロボットが社員として入社です




創業60年ですが

さすがにロボットが入社するのは初

ワクワクというか

不思議な感覚ですね




ロボットが仕事参加できるので

今までなかった仕事が発生します



「ロボットに仕事をさせる」




という仕事と




「ロボットの仕事をチェックする」




という仕事です




1週間に

人が20時間かけてやる仕事を

ロボットが真夜中に10時間で終わらす




そーんなことを

人が1~2時間で仕事させたり

仕事をチェックしたりする




あいホームは社員数65名です




1週間にしてる仕事100時間

ロボットが1台で50時間

終わらせてくれる世界が

もうすぐそこまで来てます




これが出来るのも

PCでの仕事の多くなってきたから



アナログに紙ベースで

仕事をしていては

ロボットに置き換えることが

できません



≪なので!≫



いきなりロボットは無理で

まずは人がパソコン作業を覚える




次にそのパソコン作業を

ロボットは覚えるという

順番に必ずなります




そうすると人は

お客様に対応するところに

時間をたくさん向けれるので

みんなハッピー




ロボットについては

また分かったことを発信していきます




時々アイデア募集をしてみよう!




ロボットのネーミングとして



「この名前いいよ!」



と一緒に考えてくださる方は

以下のフォームより回答ください



11月中はアイデア募集

12月中に決めて年末発表します



[社外用の匿名アンケート↓]




※他の方の回答みれます

※何度もでもOK

※回答後の修正もOK

※匿名なので

本当に誰のアイデアか

書いた人しかわかりません



【過去記事まとめです】

ぜひお読みください!















お問い合わせ
TOPへ戻る