【横山】(語り)カラオケで大切なのは朗読である│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
HOME >スタッフブログ >あいホーム不動産コンサル事業部・横山ブログ『漢道』 >【横山】(語り)カラオケで大切なのは朗読である

【横山】(語り)カラオケで大切なのは朗読である

【横山】(語り)カラオケで大切なのは朗読である

皆さんこんにちは!

 

水族館前店・営業の横山です。

 

本日はカラオケ、というよりは「歌う」上で大切だと思うことについて語ってみたいと思います。

 

当時、私が高校生の時でした。

 

教室でいつも口ずさむように歌っている男がいました。

 

ある日、その男がコブクロの蕾を歌っていると、

 

違和感を感じたのか、近くにいた女の子が歌っている男に「どんな歌(内容)か分かってる?」と聞きました。

 

男は、「分からない。」と答えました。

 

そのやり取りを聞いていた私は、今まで自分も『ただ』歌っていることに気づきました。

 

’’メロディーに乗っかっている歌詞をただ歌い上げている状態’’だったのです。

 

そこで私は、お気に入りの曲を片っ端から感情をこめて朗読しました。

 

すると、歌の中の人は嬉しいのか・悲しいのかなどの感情が見えてきました。

 

さらに突っ込んでみると、虚しさ・やるせなさなどといった感情も見えてきます。

 

あとは、その感情通りに歌うだけ。

 

他の人に「感情こもってた?」「前より良くなった?」など聞くわけではないので、言ってしまえば自己満ですが

 

感情をこめて朗読することは、歌ううえでかなり大切なことだと思います。

 

以上、長くなりましたが横山の持論でした!
お問い合わせ
TOPへ戻る