あいホーム 営業 門馬結花│宮城県仙台市|新築・注文住宅・住宅公園|あいホーム
HOME >なぜ私はあいホームで働くのか >あいホーム 営業 門馬結花

あいホーム 営業 門馬結花

私、嘘が下手なんです。

門馬

社会に出てずっと営業職をしてきました。
相手の方の顔を見て『私』と『お客様』という対等な関係で営業をしたいという想いから、個人のお客様への営業職を探していました。

私、嘘が下手なんです。
でも営業職は会社が売りたいものを売る仕事。

ですから、できれば『売るのに後ろめたくない商品』であり、かつ『お客様によろこばれる商品』を売る営業職に就きたいと思っていました。

そんなときに人材紹介会社の方に紹介していただいたのが『あいホーム』でした。

「この会社は売る気があるのか?」と心配になりました(笑)

仙台南店モデルハウス

ホームページを見てみると、「強引な売り込みは一切しません」「たとえうちが選ばれなくても、家づくりを応援します」と書いてあります。
疑いの気持ちで面接を受けました(笑)

でも入社して、正直驚きました。
本当に「売り込み」をしないのです。
これまで当たり前のように行ってきた電話もしつこいDM発送業務もないのです。

「この会社は売る気があるのかしら?」と心配になりましたが、取り扱う商品は勉強すればするほど、「なるほど、これはいい商品だ」とわかりました。

求めていた『売っても後ろめたくない商品』『お客様によろこばれる商品』

あとは、その通りお客様にお伝えするだけ。
まさに求めていた『売っても後ろめたくない商品』『お客様によろこばれる商品』でした。

あと私がする事は、お客様の事を本気で考えて、一番良い選択のアシストをすることだけ。

そのために、直接商品とは関係のないお話もさせていただいています。
どんなこと、ものが好きなのか、どういう考えを持った方なのか、どんなライフスタイルの方なのか…。
ある意味すごくおせっかいかもしれません。

私の敗北は自分への『後悔』

仙台南店スタッフ
でも、私の敗北は『他社で契約されてしまうこと』ではなく、お客様へ一番良い選択のアシストをできなかった自分への『後悔』なのです。

だから、たとえ結果がどうなろうと、どこかで再びばったり会った時に
「あのとき、いい選択ができました!」
と言っていただけるよう、これからも気を引き締めて無駄話をしていきたいと思っています。

どうか、これからもお付き合いください。
お問い合わせ
TOPへ戻る